2018年1月10日水曜日

踊る旅人 能楽師・津村禮次郎

にいなにて
 正月の北方シネマ「踊る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像」を観た。
ざっくりですが、感想を述べます。

内容は、思っていたよりもずっと長く、ほぼ舞台裏、制作の時間をみせるものだった。それは過程(process)、対話、旅(journey)と呼ばれていた。

般若だよ
 ドキュメンタリー映画は、映像そのものは取材されている対象なのだけれども、観る者に具体的におもしろいほど伝わってくるのは、監督の言いたいことなのだ、と改めて思った。たとえば、言葉にして演説や発表するよりも、言いたいことが伝わってくるからおもしろい。蛇足だけど、政治家は街頭演説や公約発表をおこなうよりも、課題としてドキュメンタリーを自分で撮ってきてもらって有権者に見せる方が何考えているかわかっていいかもしれない。

最適な解を得ていくのに有効な「旅」という方法、それを鮮やかにやってみせる能楽師・津村禮次郎。この方法って、おもしろいしすごくない?この人はこんなふうにやっているんですよ、とたたみかけられる2時間だった。

裏は案外かわいい
 私もかつて、漁撈でもって世界の海を旅した人たちに話を聞き、その旅を可能にした技法について論じた(旅回りのテクネー)。この映画の旅に興味を持ち、旅をおもしろがり、旅を分析する過程には共感を覚えるところが少なくなかった。

あと印象深かったのは、映画の中で語る津村禮次郎も、ワークショップで語る津村禮次郎も極めて論理的に整然と話をするところだった。能の型とは、数学における数字や方程式みたいなものだろうかと思った。他者との対話を続けるのに必要不可欠なものである。

能の舞台自体は非常に緻密に構成されている。説明しがたいものを浮き彫りにするために、説明できるものに関しては、できるだけ簡略化し、明らかにしておくという徹底ぶりだ。ここで説明しがたいものとは、人の情動、狂気である。

CGよりも雄弁な能面
 津村禮次郎は、20歳前後から数十年をかけて能の型の習熟に徹底的に勤めてきたという。40歳ごろから、他の芸能との創作をはじめている。
あ、誰かににている。はんぞーに似ている!

自分の人生に置き換えてみて、数十年かけなければ習得できない型を会得し、それを自由に用いて他者と対話を行い、それによって新しいものを創出することができるのか、と問うてみる。しかも、それらすべてができてなおかつ、会得した型の技術に奢らず、軽やかに他者に対して気さくでありつづけ、自分の旅を楽しむ津村禮次郎のようになれるのだろうか。

帰り道、たまたま金沢で能装束を着せてもらったよ
 津村禮次郎になることは並大抵のことではない。時間もあまりないような気がする。しかし、そんなふうに一生をかけてできる生き方があるということを知った。今回、津村禮次郎に会うことができて、とてもラッキーだ。こういうことは、そうめったにない。フィールドでの僥倖も、そういう人との出会いにつきる。
ところで、月に一度、大学でドキュメンタリー映画を観ることができるなんてとても羨ましい。今回観た北方シネマ予告編の紹介の映画も、どれも全部観たいと思った。とくに、「抗い」。それから、ヘンな人物を直観的に見出して追っかけている感がひしひしと伝わってくる「息の跡」。いったい何かわからない故に、見てみなければと思ってしまった。
(きのこ)

2017年12月22日金曜日

>モコさん、テラスさん、
 今年の5月に赤入れしていただいた生態人類学会ニュースレターの原稿が、近々日の目を見るようです。ありがとうございました。
>ジョウさん、
 文化人類学会との違いについてお知らせします。1)図のタイトルは図の下中央 2)表のタイトルは表の上左寄せ 3)章の数字のあとはコンマなし 4)数字は全角です。

2017年12月16日土曜日

インド、西ベンガル州、チャンダンナガル自治体、アルタラ村、パンパラ南部集落、ゴーグルマップ

12月13日(水)のゼミで、主調査地であるパンパラ南部集落を、グーグルマップ上にアポイントするとことになりました。Panpara Nabin Sangha-(PNS)で検索するとすぐに見つかります。1月~2月の現地調査でも確認して「模式図」の精度を高めます。



2017年12月12日火曜日

能楽師・津村禮次郎の映画とワークショップ

北方シネマでは、今年一年大学での映画上映を応援頂いたみなさまへのお礼もかね、東田シネマとともにドキュメンタリー映画「躍る旅人」の上映記念企画として、能楽師・津村禮次郎を北九州市立大学にお招きし、身体を躍らせ心を楽しませるワークショップ「躍るワークショップ-能楽師 津村禮次郎と躍る」を、新春早々1月6日に予定しています。


北九州市の特命文化大使でもあり重要無形文化財「能楽」保持者でもある津村禮次郎さんは、70歳を越えたいまでも古典能だけではなく、新たな表現を求めて精力的にご活動されております。映画「躍る旅人」の中では、バレエやパントマイム、バリ舞踊など様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションを通じて生まれる、身体表現のさらなる可能性を模索している姿が描かれています。

映画の試写を見て、津村さんのご活動に心動かされ、ぜひ映画の上映の際には大学にお越しいただきたいと考え、人づてに紹介していただき、津村さんとやりとりを重ね、この企画をすすめてきまました。


「躍るワークショップ - 能楽師 津村禮次郎と躍る」
2018年1月6日土曜日10時から12時まで
北九州市立大学4号館201

映画鑑賞者限定 先着20名

参加予約はこちらから
電話やメールでも受け付けます
080-6458-1184
kitagata.cinema@gmail.com
https://kitagata-cinema.blogspot.jp/

2017年11月25日土曜日

野研の本が出ました

ついに「野研!大学が野に出たーフィールドワーク教育と大學堂」の本が出ました。


九大出版です。在庫があるかぎりアマゾンでも買えます。


これまでの野研の取り組みの集大成をもとに「フィールドワーク教育とはなにか」を考えてみました。フィールドワーク教育に関して、これほど詳細にそして具体的に語られている書籍はほかにはないと思います。


研究から教育へ。組織づくりから創造へ。スキルからアートへ。これからの日本の教育のデザインを考えるための、先駆的な試みをめざしました。


そもそもこんな本が出版されること自体、おもしろいのですが、その内容も負けずとおもしろいはずです。この本を、とことんおもしろがってほしいと願っています。

新聞各紙も取り上げてくれました。

2017年8月31日 毎日新聞

2017年9月13日 読売新聞

2017年11月22日 朝日新聞


さて、野研の誕生は、この人なしでは語れません。重信幸彦さんからうれしいメッセージが届きました。書評として公開したいという申し出にお許しをいただいたので、かなり気はずかしいが以下に掲載します。


◆御無沙汰していて申し訳ありません。本日、東京理科大の葛飾金町キャンパスに講義に行って、ご著書『野研! 大学が野に出た』を拝受しました。ありがとうございます。一限目を10:20に金町で終えて、四限目15:00の芝浦工大豊洲キャンパス(金町から50分程度)の授業まで、いつもゆるゆる金町のおじいちゃんおばぁちゃんの集まる「地元喫茶店」でモーニングとランチを堪能しながら、仕事しぃしぃ時間を過ごすのですが、本日は、モーニングのみで、ランチの注文を忘れて、ひたすらご著書を読みふけり、かつ眺めふけり、なんども、写真をみながら爆笑し、これは見事にまるごと一冊「The竹川大介」だなと感服しました。

◆研究と教育を二分法で分けることの不毛を抉り、動くことと考えることと書くことが地続きの実践。いずれにしても、昨今の大学教育ばかりでなく、研究に対しても強烈なアンチテーゼ、ですね。

◆昔、畏友大月隆寛が、「まるごとの民俗学者」ということを言っていた時期があるのですが(今から四半世紀から三十年近くまえ)、久しぶりに、そのことばを思い出していました。まぁ、「まるごとの人類学者」もしくは「まるごとのフィールドワーカー」。これは、教育実践記録でもなく、研究の実践版でもなく、やっぱり竹川大介のフィールドワークの記録なのだと思います。自信を 持って、「竹川の仕事」として、提示すべし。あまたの「研究/論文」などより、はるかに跳躍力があると思う。フィールドワークというのは、本来、こうして他者を巻き込みながら、自分も他者も、何かを「わかり」ながら変わっていく過程なのだと思う。たんなる情報収集に終わってしまうフィールドワークなんざ、「けっ!!」という感じですね。

◆そして、長い試行錯誤のなかで、竹川さんがいろいろ思索を深めてきた痕が、そこここに刻まれています。たとえばフリーライダーなどは、こうした実践につきものであり、特に大学のなかにあって、単位などの大学制度とは一線を画し、「来るもの拒まず、去る者追わず」という野研の態度がぶつかる問題です。でも、竹川さんは、誰もが何かの役にたつ、と「フリーライダー」と名付けること自体を疑い、そもそもフリーライダーを生み出してしまうのは、集まり方の問題、プロジェクトのかたちの問題なのだと喝破しています。あちこちの街づくりなどの実践の現場などにも、同じような問題があるはずです。この野研の知恵は、きっとそうしたところにも説得力をもって届くだろうと思います。

◆何枚かの写真に、自分が写っていることを確認しながら、かつて北九州で、自分が、こんな「元気」の傍らに居たことを思い起し、しばし感慨にふけっていました。「グローカル」などという、どっちつかずなことを言わずに、ちゃんとグローバルに越境しながらもなお、しっかりと「ローカル人間に」と言い切る、〆のことば、大介の正面の宣言として受け止めて、200%賛同します。

◆僕は、一年に二回か三回ほど、福岡市には自治体史の仕事で出張するのですが、なかなか出張の規定が厳しく、北九州まで行けずに時間が過ぎてしまいました。「いつか大学堂に顔を出します」などという「ごかし」はやめます。いつ行けるか、わかりません。でも、そこに、これだけのエネルギーのある場所が、竹川さんを中心とし、なおかつ竹川さんを超えて存在していることに刮目しながら、ちょっと離れたところから、わくわくし続けています。

◆改めて、素敵な本を、ありがとうございました。最近、読んで元気が出る本に出合っていなかったので、とてもありがたかったです。そもそも、人文社会科学は、人の不幸は、根掘り葉掘り語るのだけど、「元気」が出る話を語ることは、不得意なのだということを思い知らされます。これはいい意味で、竹川さんに、科学者の想像力があるからなのだろうか、などと思ってもみました。

 いずれ近々、どこかでお会いできますことを。とり急ぎ御礼まで。
重信幸彦拝


さらに、この本を読んだ、とある博物館の館長と、とある大学の総長からそれぞれ丁寧なお返事をいただきました。しかも新刊本まで!篠原さん山極さんありがとうございます。

『京大式おもろい勉強法』『都市と野生の思考』
『フィールドワークの絶望と愉悦』


おふたりの本に書かれている事は、「おもろい」「共にいる」「野生とアート」「旅と余技」「人と自然」などなど、とても多くの視点が野研本に共通しています。まあ同じ人類学スクールのもとで学んできたのだから、重なる部分があるのは当然かもしれませんが、こうした指摘の中に今の教育や研究にとって、いや、この時代を生きていくために大切なことが、はっきりと示されていて力づけられます。


このごろは実践教育とかALとかいう名目で、カタカナ職業の”実務家たち”を呼んで、学生たちに社会見学のような研修活動(インターン)や奉仕活動(ボランティア)をさせるのをみかけるけれど、それで、はたして大学での教育や学びといえるのでしょうか?

学問的背景が希薄な、こうしたありきたりの社会活動の貧弱な実像(虚像)を、 これまでわたしは嫌というほど見てきました。それでも、しないよりましといわれるかもしれないけれど、むしろ学生たちの好奇心をつぶしてしまう害があるのではないかと私は思っています。仕事として指導している本人たちもどこか自信なさげです。なぜなら学問の「おもろ」さは、そんなお仕着せのプログラムの中にはないからです。


篠原さんと山極さんの本は、そういう意味でまさに目から鱗、おすすめです。とくに学生たちとどうやってフィールド出て行くのか悩んだり迷ったりしている人には共感できるところが多いと思います。
 

さて、「野研!大学が野に出た」のいろいろを数えてみました。カラー写真が653枚。文中の登場人物は総勢225人。写真にうつっている人はさらにたくさんいます。


竹川大介・木下靖子・大津留香織・今田文・重信幸彦・猪股萌子・田畑宏美・門馬一平・古藤あずさ・青柳亜紀子・大久保大助・命婦恭子・有松由衣・伊藤圭吾・井上広平・高柳亮佑・町田佳菜子・門屋裕和・梶原宏之・岩野俊郎・進麻菜美・仲村知佐子・田村慶子・藤原惠洋・矢作昌生・バックミンスター=フラー・きむらとしろうじんじん・伊東啓太郎・吉岡美紀・宮村早貴・近藤光孝・原口勇希・黒田陽子・三崎尚子・山城若菜・山田洋・重森誠仁・須藤康之・前田賤・村上英志・谷本仰・中尾一徳・張平平・長門屋よしこ・田村嘉之・南香菜子・本田真悠・濱本拓磨・カネコテツヤ・フクヤマワタル・伊計恒吉・伊谷純一郎・井上大輔・稲月正・印貢陽子・沖元絢香・岩野直子・亀井伸孝・吉田幸恵・近藤倫明・金子ユキ・原田悠貴・高坂明宏・今西錦司・坂本次郎・皿海弘樹・山口未花子・山田恵次・山本雄大・山里節子・室園優衣・漆原朗子・実近修平・篠原徹・小松良子・松井克宏・松岡怜央・松尾容子・照屋優海・植西あすみ・星子萌・盛口満・石村行・船江恒平・前田太郎・大嶋雄治・中村幸介・辻利之・田崎龍司・桃山邑・藤條虫丸・塙狼星・飯山庄之輔・布施咲子・武藤景介・末嵜陽介・木下薫・木原謙一・木野理恵・矢田俊文・纐纈あや・ナタペイ・トーナス=カボチャラダムス・バット・ミスター=ファイサル・阿津坂陽子・阿南惟正・伊藤泰信・井上克彦・井本将志・一丸英夫・稲富智子・奥野明子・岡部和慶・嘉原優子・河村雄太・岩崎蔵人・吉柳佳代子・久間直樹・宮里盛雄・宮澤京子・近藤紀代子・近藤史晴・金子有李・金城五男・金城国男・金谷美和・原田萌・古谷千佳子・後藤幸浩・工藤祐次郎・江尻圭佑・高橋明歩・高瀬靖史・黒瀬善裕・黒田末壽・佐藤克文・佐藤直子・細馬宏通・坂巻正美・坂本利春・三宅大児・山下あゆみ・山下修司・山極寿一・山口瞬太郎・山谷の玉三郎・山中さやか・山田順章・山本啓一・山本健太・山椒亭小粒・篠原正典・手嶋準一・洲澤育範・秋好裕子・秋道智彌・小出友視・小菅正夫・松永夕紀・松岡忠夫・松原緑・松田幸三・松田凡・上野敦子・上野由里代・新井真由美・新城康弘・人見五郎・水島結子・西田正規・西田利貞・青井美穂子・石神勉・石川仁・赤崎時子・赤松徹生・赤嶺淳・川原田徹・川端威士・川端慎治・前田俊彦・増永研一・村上靖治・多賀英志・大川留奈・大田勇・大平剛・竹ノ下祐二・竹川玄之介・竹内義博・中原藍・中瀬康志・中尾暢宏・長津一史・椎野若菜・堤高太郎・天下太平・田川大地・田中二郎・田中里佳・渡辺拓也・東亜紀・藤田祐幸・藤嶋嘉子・内山雅世・内藤直樹・白武佳子・白濱美南子・尾形愛・平安啓乃・平野俊衛・平良一樹・平良光男・片岡寛之・魔人幻一郎・有松由依・李仁子・鈴木克章・鈴木野歩・脇園賀子・淺枝隆・當間元・眞鍋和博・蔡謙・レオナルド=ダ=ヴィンチ

申し訳ありません。せっかく登場頂いたのに、あまりに人数が多すぎて登場したみなさま全員に献本できません。献本分はいつも本を送っていただく方とお金のない学生を優先し、さらにこれから野研にはいる学生たちにも少しだけ残しているような状況です。


お届けできない皆様ごめんなさい。でもぜひ読んでほしいな。野研の宝は人と人とのつながりです。


リストをあげながら、何人かの大事な人が抜け落ちているのに気づく。あれれ?私は?と思った皆様、さらにごめんなさい!!


というか予算の都合とシリーズの事情で、半分くらいエピソードを減らしています。私自身の研究や、学生たちの研究に関連するところはずいぶん削りました。


もしたくさん売れて増補新版がでることになったら、そのあたりを必ず書きます。応援ヨロシクお願いします。



2017年11月22日水曜日

トヨトヨ稲刈りにて




                  はたらく人びと

 骨つき肉食べるちくわ
 連続テレビ小説はでぴ
作・塩田千春


日曜日はひえひえ!の稲刈りでした。ザクザク刈るのは楽しいけど、その後が大変です。
寒かったので風邪ひきました。つるこ