2017年4月24日月曜日

ものすごく長かった3日間

21日 くもで網

予定の時間よりも早く学校についたら、アルパカ組が丁度出るところだった。どうやら寄り道をするらしく、早めに出るらしい。なんだか面白そうな匂いがするけど、満席なのであきらめて、きぞくの到着をはんぞーと待つ。

予定より少し遅れて到着したきぞくカーに乗るが、ビンビンはまだ来ない。待ちくたびれた私とはんぞーは、さくっとビンビンを置いて出発することに。
すると、出発してすぐにビンビンから学校についたと連絡が!急いで引き返したのでギリギリセーフ、間一髪ビンビンも車に乗れてよかった。そしてとめも拾って、瀬高を目指す。

瀬高には集合時間よりも20分くらい早めに着いたので散歩していると、なんと公園に「回るやつ」があるのを発見!この遊具、存在は知っているけど実際に遊ぶのは初めて。はんぞーに沢山回してもらって、この「回るやつ」を満喫した。とても楽しかった。遠心力ハンパねぇ。

坂巻さん、るるぶ、きうい、かしらも合流したけど、アルパカーはまだ来ない。
絶対楽しいところに行って遅くなっていることが分かったので、なんだか悔しい気持ちだった。大ちゃんに電話しても、どこに行ったのか言わないし。

全員揃ったらちゃんぽん食べて、かしらの案内でみやま観光。



 和ろうそくの工場には、なんと大量の「ねずみのこばん」!
調子に乗って拾ったおかげで、23日の私はかぶれに苦しむことになってしまうのだが・・・。

そして柳川に向かい、人生初のくもであみ漁。
一番奥の櫓に大物がかかりやすい、と教えて貰ったので真っ先にそこへ行く。


どのタイミングで網をあげるのかが重要と言われたが、海底は全く見えないため、この漁で最も必要なのは運だと思う。

狙いはウナギだったが、かかるのは白エビばかり。一匹だけエツもとれた!
一度魚をとる喜びを知ってしまうと、エビだけだったときのがっかり感がすごい。

「最後は必ず何かがとれる」と言われ、最後の一回をなんどか繰り返し、小さいエツとマエビをとって終了。
最もよくとれるのは夏らしいので、また来たい!次はスズキとウナギをとる!!


温泉に入っている間に、かしら母が魚たちを美味しく料理してくれていた。
料理を受け取るついでに、かしらの蜂も見に行った。夜だから全然出ていなかったのが残念。
近くの公民館の床下にいるという蜂も見た。どうにかして捕まえたいけど、取り出せる位置ではない・・・。見えているのに捕まえられない、という感じがとても歯がゆい。

そして、かしら家では宴会だった。楽しくて、たくさん笑って、いろいろ話したはずなのに、あんまり覚えてない・・・。他の人の報告で補完しないと。



22日 鯨飲鯨食

かしら家を出発し、鹿島へ。大変お世話になりました。
鹿島では映画監督と合流し、その友人の案内で集落を見て回る。




茅葺き(茅ではなくヨシだが)の屋根がとてもかっこいい。
昔はもっとたくさん茅葺きの家があったらしいが、どんどん減ってしまった。
うなぎ屋の人も言っていたが、10~20年前は護岸工事もまだ行われておらず、とても良い景色だったそう。整っていて確かに綺麗だけど、なんだか違う感じがする。

また何年後かには昔の景観を取り戻すために、たくさんお金使って元に戻すのかも。それってなんだか間違ってない?

銅板で出来ている

監督ともここで別れて波佐見へ。
まるとか四角とか三角とか、そんな模様が町中にある。とてもかわいい。
おしゃれカフェが集まっている場所でお昼ご飯。あんまりお腹空いてなかったのでアイスをお昼ご飯にする。

タバちゃんに会うために白山陶器を訪ねたけど、今日はタバがお休みらしい。
家にいるだろうとなって、タバの家へ押しかける。が、大ちゃんの記憶だけを頼りに向かうので、当然迷う。

いつものように道なき道を進み、タバの家を探す。アルパカーは慣れっこだけど、新しいきぞくカーときういカーにはかなり辛い道だったみたい。


どうにかタバの家を見つけたが、なんとタバ本人は不在!
せっかく来たので、サプライズプレゼントを置いて帰る。もう見たかな?


そんなふうに寄り道してる間にどんどん時間がすぎて、16時の講演に間に合わない気がしてきたので、急いで会場へ向かう。

今回の講演のテーマは、捕鯨から見る近代史。学校でも近代史はさくっと流されてしまって、あんまり印象に残っていない。なので今回の話はとても新鮮に感じた。また、とてもわかりやすかった!

シャチもイルカも鯨だし、先史の頃はみんな鯨を食べていた。鯨油からマーガリン、せっけん、それにダイナマイトだって作れる。初めて知ることばかり。


坂口さんの鯨料理も美味しかった。今回の料理を食べて、つくづく肉を食べないなんて損しているなあと感じた。
でも一番美味しかったのは、たけのこごはん。先週あんなに食べたのに、どんどんお代わりしてしまった。コツはたけのことごはんを一緒に炊かないこと。別々に炊いて、あとからまぜることで、たけのこの食感ものこる。


私含めて6人ほど今日はテント泊の予定だったのだけど、なんと一緒に講演をきいていた中村さんご夫妻が、家に泊まりに来て良いと言ってくれた。お言葉に甘えて、急遽そちらへ泊まることに。

そして案内してくれたのは、ものすごい素敵なおうちだった。ご夫婦の基地(別荘と呼ばれたくないらしい)であり、毎週末ここへ通っているとのこと。カナディアンログハウスで、オーシャンビュー、そして素敵なお庭。着いたのは夜だったので、海はよく見えなかったのだけど、星が綺麗だった。

家ツアーを満喫したら、ここからが本番。鯨飲鯨食はこれからだった。

中村夫妻はとても素敵な人たちで、毎年いろんな場所にいってキャンプしたり、カヌーこいだりしているらしい。奥さんは20年くらいカヤックに乗っている。そして、車もカヤックが積めるものを選ぶとか。

鯨料理の話もたくさん聞いた。

ナガスクジラの腸である「ヒャクヒロ」。ハムみたいで美味しいらしいが、もう見かけない。今売っているヒャクヒロは小さすぎてダメらしい。「やっぱりナガスクジラじゃないとね」

カボチャと塩鯨の炊き込みご飯の「ぼうぶら飯」。全然味が想像できないのだけど、ものすごく美味しいとおっしゃっていたので、とても美味しいのだろう・・・。食べてみたい。

奥さんが言っていたけど、こっちのほうで言う「だご汁」は鯨がたくさん入っていて、鯨の出汁がよくでているものらしい。私の知っているだご汁とは全く違うみたい。これも気になる。

どれも昔はよく食べていたのに、最近はなかなか食べられなくて残念だと言っていた。本当にその通りだと思う。捕鯨も鯨料理も文化なのに、こんなに簡単に失われてよいのだろうか。

そしてご夫婦はよく沖縄にも行ってダイビングもする。なので山羊料理の話にもなる。
山羊は山羊汁もいいけど、やっぱり山羊刺しが良いと旦那さんが言っていた。とても気になるので、これもぜひ食べてみたい。

「ラムにはエストラゴンだよなあ」
「エストラゴンって何ですか?怪獣ですか?!」

旦那さんの趣味は焚き火らしく、ダッチオーブンが何個もあって驚いた。石焼きにも憧れているが、実はやったことがないとのこと。これは再び遊びに行って、一緒に石焼きをするチャンスでは!?

0時過ぎて、なんだか眠くなってきてそろそろお開きかなと思ったら、「とっても美味しいキムチがあるのよ!」と奥さん。
深夜にキムチとおにぎりと自家製マヨネーズをいただく。うーん背徳感もあいまってとても美味しい。

まるでここからが本番だと言わんばかりに再開して驚く。でも、とても楽しい時間が過ごせたので大満足である。

ふかふかのベッドまで貸して貰い、2時ごろにようやく眠った。



23日

ここからみる朝日が素晴らしい、と聞いていたが起きたときにはすでに日が昇っていた。見逃してしまった・・・。

昨日は夜だったからよく分からなかったけど、本当に海がすぐ近くで驚いた。
起きて3秒で海!夏だったら絶対に泳いでいた。



旦那さんは朝から釣りをして、3匹ほど釣っていた。
そして美味しいコーヒーも入れてくださり、また目玉焼きとソーセージも焼いてくれた。なんとも優雅な朝食だった。

撮影会の様子
その後、みんなとの合流場所まで送っていただく。本当にいろいろとお世話になりっぱなしだった。また遊びにいらっしゃい、と言われとてもうれしかった。


昼ご飯を食べる前に寄り道して、西海橋へ。


橋の下が歩けるようになっていて、大村湾の渦潮がよく見えた。干満の差が激しいほど、渦潮がたくさん発生するみたい。来週の土曜日が丁度最大干潮らしく、少し残念だった。

お昼には放牧豚のキーマカレー。ミンチになっていたから、美味しい豚肉だと言われてもあまりピンとこなかった。でも美味しいカレーだったので満足。

生月の「島の館」見学。捕鯨とか隠れキリシタンとかおもしろい物が沢山あった。


これがほしい


受胎告知
捕鯨のところばかり見過ぎて、他のところは少ししか見られなかった。最後の魚の剥製はもっとじっくりみたかったなあ。


ここで私はきぞく達と共に、みんなと別れて北九州に戻った。
帰りの車の中でも言ったけど、これだけいろいろなことをして、3日しかたっていないだなんで信じられない。くもで網をしたのは1週間前だと言われても信じてしまいそう。
時間の流れ方がこんなにも違うなんて・・・。やっぱり何か新しいことをしたり、刺激的なことをしたら、時間の流れは変るのかもしれない。

普段の3日間なんてあっというまで、全然刺激がたりてないのだと思う。
もっと、充実した日を過ごしたいとつくづく思った。そのために何が必要なのだろう。




くもで網と鯨ツアー



くもで網を引く

video


ばんざいえつがとれた


野研の人々

紐を引いて網をあげる

video

たのしい


満潮の3時間前からがベスト


佐賀の浜宿

   
 酒蔵が続く

東一・鍋島・天山

 

萱葺きの古民家


味わい深い町並み


写真家の中尾勘悟さんの案内で散策

 

おいしい鰻

 

あああ

 

倉が続く町並み

 

新茶の季節

 

 あああ

 

 おいしいものをいただき

 

ます


はしとうず

video

くじら




うつ


いさなとり


かくれきしたん


2017年4月23日日曜日

くもであみ

4月21日
むつごろうがたくさんいる柳川で「くもであみ」の体験をしてきました!
「くもであみ」とは漁の技法のひとつで、海中に網を鎮めておいてそれを引き上げて魚を捕ります。簡単に説明すると、網の上を通り過ぎる魚を下から大きな網ですくいあげるという感じです。海の上に立てられた櫓の上から大きな網を引っ張って引き上げたりおろしたりするのですが、網自体とても重いことに加え、素早く引き上げないと魚が逃げてしまう恐れがあるのでとても力のいる作業でした。肉体労働が好きな人にとっては間違いなく最高の機会です。

また、網にかかった魚はまるでクモの巣に引っかかってしまった虫のように引きあげられるので、網を操作する私達はクモになった気分です。・・・嘘です。
なんといっても網をあげるまで中に何が入っているのかわからないギャンブル性と、それをあげるタイミングを早くするのかあるいはしばらく待ってからにするのかを考えなければならない点は最高です!ましてや今回は捕れた魚を晩ご飯にするということだったので、失敗したら自分の食べ物が本当になくなるわけです。そういった面もドキドキ感を煽るので、本当に面白かったです!また行きたいなー。

2017年4月20日木曜日

豆を持って島にゲッチョが来た

ゲッチョが島にやってきた。アダンのことについて聞きたいことがあるという。島の北西部に、アダンニーという地名の場所がある。昔、人々はここにタムヌ(薪)を取りに行っていた。薪が豊富にはない池間島では、アダンバ(アダンの葉)やアダンツー(アダンの実)が大事な燃料だった。
 昔はアダナス(アダンの気根)でロープを作り、フダミ(海専用のサンダル)やアンディラ(網袋)にしていた。アダナスは海水にも強い。勤おじぃが最近作ったものを見せてくれた。ンナ(サザエ)やタク(タコ)も入れることができる。今では自分で縄をつくってアンディラを編む人はほとんどいない。
 アダンのことを中心に、主に80~90代のおじぃおばぁたちから話を聞いた。アダンの利用は、琉球弧の島々で共通することも多いが、異なるところもある。そこがおもしろい。
ところで、これはゲッチョが持ってきた豆。最近行った久高島からという。
「この豆、島で見たことある」と私が言うと、さっそく見に行こうということになった。藪に入り豆を探すゲッチョ。
 おんなじ豆だ!とゲッチョ。
この豆、フジマメという。食用で栽培されていたが、例えばサヤインゲンほど美味とか柔らかいとかいうこともなく、だんだんわざわざ栽培されなくなっていて、現在は空き地で野生化していっているという。久高島でゲッチョが見つけて取ってきたのも、野生化していたものという。この夜、採取した豆はサヤごと切って炒め物にして食べた。おいしかった。

この豆、他でも見たことあるかも・・
 写真を探してみると。あ、おんなじ豆だと、ゲッチョ。
 白いマークが同じ。
すりおろしたキャッサバと混ぜて。
 豆がたくさん取れたときは、つくったあの料理。
 すりおろしたキャッサバに豆をふんだんに混ぜたタネを粽にする。「タケも大好きだったのよね~」とセイエかあさん。
 ナトゥパ・カモニ・ピヨコ。
バヌアツのフツナ島で、豆の名前はカモニ kamoni。沖縄の島々で野生化しているフジマメと同じ豆でした。
 ナトゥパ・カモニ・ピヨコは、みんなに人気の料理。子どもたちは、学校の帰りにカモニを取ってきて、自分たちでフライパンで煎っておやつに食べたりもしていた。
フツナ島でも食べていた豆、フジマメ。フジマメに注目していたゲッチョ先生のおかげで豆のことがひとつわかりました。

こちらは島のお昼ごはん。最近旬のハマグリ(イソハマグリ)ごはん。西表島でも浜で採取できる小さな貝。小さいけど味が濃い。炊きあがったところに刻んだウイキョウやヨモギとモズクが混ぜてあります。料理上手のゆかりさんの春の新作。また大潮がやって来るから、ゆかりさんは気合満々だ。ちなみに、ゆかりさんは『ぎょぶる4号宮古島特集』にも登場する、採集名人です。